National Center for Assessment (Qiyas) とPearson VUE が戦略的パートナーシップを継続

2016 年 8 月 10 日 (リヤド、サウジアラビア) – National Center for Assessment (Qiyas) の CEO である H.E. Dr. Faisal Abdullah Al-Saud氏は、リヤドにある Qiyas のヘッドクオーターでおこなわれた特別なセレモニーにて、Pearson VUE のグローバルグロース シニアVP である Gary Gates、EMEA の VP であるMatthew Poyiadgi、 ビジネスディベロプメント ディレクターの Kaied Shawish、そしてマーケットディベロプメントマネージャーの Raed Rajeh と共に、戦略的パートナーシップの拡大を祝いました。

Qiyas は大学入学試験やサウジアラビア国内における特別な試験を実施しています。Pearson VUE は 25 以上の Qiyas の試験を配信しています。国内に 30 か所 (2016 年末までには 60 か所になる予定) のテストセンターを持ち、Pearson VUE の PVTC としては最大となる 180 席を有するテストセンターも所有しています。

H.E. Dr. Faisal Abdullah Al-Saud 氏は次のように語っています。「Pearson VUE との協同を継続することによって、PearsonVUE のテクノロジーとソリューションで Qiyas 試験システムの価値を最大限にするためにさらなる発展と展開が可能になります。我々の計画は、5 年以内に 100ヶ所のテストセンターを開設し、サウジアラビア国内でおこなわれる 80% の CBT 試験を配信することです。加えて Qiyas は、サウジアラビア以外でも Pearson VUE のテストセンターネットワークを利用することで、海外での受験が可能になります。

Pearson VUE の Gary Gates は、以下のように述べています。「National Center for Assessment とのパートナーシップ拡大は、サウジアラビア全土におけるアカデミックエクセレンスの向上に貢献することでしょう。Pearson VUE の高い安全性と一貫性のある環境での CBT 試験配信に信頼を示してくださったことに、心より感謝申し上げます。」

H.E. Dr. Faisal Abdullah Al-Saud氏は、「Qiyasは、高校生向けや大卒者向けの一般職業適性検査や英語能力テストのような試験についても、今後CBT試験配信をおこなう予定です。」と付け加えています

National Center for Assessment (Qiyas)について
AH 1421 年 (西暦2000 年) 5 月 19 日に、大学を申請する学生の学力を評価するための標準化テストを実施する責任を負うために、「高等教育における評価のためのナショナルセンター」を確立するための勅令が発布され、設立されました。
設立後、センターは、公平さと効率性を確保する厳正な基準を備えている業務範囲を決定するために、その使命とビジョンそして目標を設定しました。センターはまた、テストを構築する上でグローバルリーダーシップや教育、職業上の基準を探求しつづけています。センターは、いくつもの技術、言語、そして専門の部門、さらにはその他のサポート部門から受託したの試験・基準の準備を包括しています。 センターは意思決定のプロセスや、経営のトップから各部門までどのように動かすかといった組織の体制を確立させてきました。設立以来、様々な教育や専門分野のテスト基準の準備と計画において、素晴らしい成果を上げています。その実績は、明確で透明性を持ったセンターの戦略、そして広報活動の一環である年次報告書で確認することができます。

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。

企業情報 section navigation

Learn more about our company

関連リンク