サウジアラビアの国立試験センター (Qiyas) の試験配信が100万件を突破

2017 年 5 月 24 日 (リヤド、サウジアラビア) – サウジアラビアの国立試験センターである National Center for Assessment (Qiyas) の CEO である Dr. Faisal bin Abdullah Al Mishari Al Saud 王子と、CBT のグローバルリーダー企業である Pearson VUE の Dr. Gary Gates (シニアバイスプレジデント)、Matthew Poyiadgi (EMEA 地区バイスプレジデント) 等が一堂に会し、拡大戦略パートナーシップの一環として、試験配信が 100 万件に到達したことを祝いました。

Qiyas は、サウジアラビアの大学入学試験やその他の専門試験を実施し、Pearson VUE は Qiyas の 30 種類以上の試験を CBT 配信しています。また、Pearson VUE 最大の公認テストセンター (180 席) を保有しています。

Dr. Faisal Abdullah Al-Mishari Al Saud 王子は、「100 万件の試験配信は、Qiyas の試験と Pearson VUE のテクノロジとソリューションにおけるグローバルな経験の組み合わせが生み出した、非常に大きな価値の証明であると考えます。私たちは教育分野における正当性と機会均等においてさらなる努力をすると共に、制度の効率を高めることに貢献し続けていきます。」と述べています。

Pearson VUE の Dr. Gary Gates は、次のように述べています。「サウジアラビア全土でトップクラスの学力をさらに向上し続けようとする Qiyas と共に、この場で 100 万試験という節目を祝うことができ、たいへん嬉しく思います。Qiyasは、CBT を高い品質と一貫性のある方法で管理する弊社の能力を信頼してくれました。そして、今後もこの CBT による配信を提供し続けていきます。」

Qiyas はまた、高校生対象の一般適性テスト、大学卒業生対象の一般適性テスト、英語能力の標準化テスト (STEP) 等の試験に加え、他にもCBT試験を追加する予定です。

Dr. Faisal Abdullah AlMishari Al-Saud 王子は、今後 5 年間で 100ヶ所の CBT テストセンターを開設し、Qiyas で実施する試験の 80% を CBT 化することを計画していると付け加えました。Qiyas はまた、海外の受験者に対応するために、サウジアラビア以外の Pearson VUE のグローバルテストセンターネットワークを利用します。

National Center for Assessment (Qiyas) について
AH 1421 年 (西暦2000 年) 5 月 19 日に、大学入学を申請する学生の学力を評価するための標準化テストを実施する責任を負うために、「高等教育における評価のための国立センター」を確立するための勅令が発布され、Qiyas が設立されました。 設立後、センターは、公平性と効率性を備えた科学的スタンダードを準備するという業務範囲を決定するために、使命とビジョンそして目標を設定しました。また、テスト開発および教育的、職業的スタンダードの構築において、世界的なリーダーシップを達成することを目的としています。センターには、テストとスタンダードの準備を任せられた技術部門、言語学部門、専門部門、その他のサポート部門があります。センターは意思決定のプロセスや、経営のトップから各部門に対する指示命令系統といった組織の体制も確立させてきました。設立以来、さまざまな教育や専門分野のテストスタンダードの準備と策定において、素晴らしい成果を上げています。その実績は、明確で透明性があり、広く情報公開を行うというセンターの戦略を体現している年次報告書上で確認することができます。

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。

企業情報 section navigation

Learn more about our company

関連リンク