UMATコンソーシアムは 医学部入学試験を紙からCBTに

2018 年 10 月 11 日 (メルボルン、オーストラリア) – UMAT (医学部および健康科学部の入学試験) コンソーシアム と Pearson VUE は、オーストラリア、ニュージーランドなどの地域における医学部入学試験を、紙試験からコンピュータによる試験 (CBT) へ移行するための契約を締結しました。

UMATコンソーシアムの加盟大学で医学、歯学、および特定の臨床科学コースを学びたい学生は、2019 年より入学者選考の一環として、UCAT (University Clinical Aptitude Test) を受験することになります。 UCAT は UKCAT という名称で、2006 年より英国の大多数の大学において医学・歯学生の入学選考に利用されています。

Pearson VUE オーストラリアおよび東南アジアのバイスプレジデントである Adrian Evans は、次のように述べています。「UMAT コンソーシアムとの新しいパートナーシップにより、受験者は UCAT 試験の予約を、一ヶ月間の試験期間内からオンラインでおこない、近隣にある高セキュリティのテストセンターで受験できるようになります。」

UMAT コンソーシアムの議長であり、オーストラリアに本部を置くモナシュ大学の医学・看護・健康科学部の副学部長 (教育) である Wayne Hodgson 教授 は、次のように述べています。「コンピュータによる試験のグローバルリーダーであり、ハイステークスな入学試験の提供と開発において長い歴史と成功を収めている Pearson VUE と提携することを嬉しく思います。私たちは世界的に名高い適性検査に移行し、加盟大学と将来の学生たちにより高い柔軟性を与え、入学選考におけるベストプラクティスを引き続き促進するという、次の一歩を踏み出すことを非常に楽しみにしています。」

UCAT は2時間の CBT 試験です。受験者は採点期間を待たずに、受験後すぐに試験結果を受け取ることができます。この試験はUMATと類似していますが、新しい問題形式や成功する医療専門家に必要とされる考え方や行動を測定する状況判定テスト (SJT) が含まれています。

受験者は、試験実施期間内に受験日時を選択することができ、オーストラリアやニュージーランドなど、世界中に広がるテストセンターネットワークで受験できるようになります。

UMAT コンソーシアムについて
UMAT コンソーシアムは、約 20年前に設立され、オーストラリアとニュージーランドの 11 の大学が加盟しています。いずれの大学でも UMAT 試験 (2019 年から UCAT を利用予定) は医学や歯学部を希望する学生の入学要件となっています。UMAT 試験のスコアは、学業成績や面接などの他の入学要件と併せて考慮されます。UMAT コンソーシアムの加盟大学リストはwww.ucatofficial.com/ucat-anz/universities/ でご覧いただけます。

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。

企業情報 section navigation

Learn more about our company

関連リンク