Pearson VUEが全米試験協議会と契約を締結

2020 年 7 月 29 日 (米国、ブルーミントン) - 世界中でコンピュータ・ベースド試験 (CBT) を提供する Pearson VUE は本日、米国のエンジニアリングおよび測量の免許取得に使用される試験の開発を担当する非営利団体である全米試験協議会 (NCEES : National Council of Examiners for Engineering and Surveying) との契約を更新したことを発表しました。

この契約に基づき、Fundamentals of Engineering (FE)、Fundamentals of Surveying (FS)、Principles and Practice of Surveying (PS)、およびコンピュータベースの Principles and Practice of Engineering (PE) 試験は、Pearson VUE が所有・運営するピアソン プロフェッショナルセンターのネットワーク、および NCEES が決定したその他の試験会場で実施されます。

NCEES と Pearson VUE は、2014 年 1 月から FE および FS 試験を紙試験からコンピュータ・ベースの試験配信に移行するため、2012 年に試験配信のパートナーシップを結びました。

Pearson VUE の事業開発担当バイスプレジデントである Eric D’Astolfo は、次のように述べています。「NCEES が再度 Pearson VUE と複数年契約を結んだことを喜ばしく思います。NCEES のライセンス試験は、受験者の能力を測る信頼できる試験として広く認知されています。現在進行中のコンピュータ・ベースド試験への移行に関して、NCEES とのコラボレーションが成功したことを大変嬉しく思います。」

NCEES の CEO である David Cox 氏は次のように述べています。「NCEES は Pearson VUE との契約を更新し、試験をコンピュータベースの形式に移行することを嬉しく思います。COVID-19 の影響により、通年受験のメリットが今日ほど重要になったことはありません。移行プロセスを完了し、より多くの受験機会を受験者に提供できることを楽しみにしています。」

全米試験協議会 (NCEES : National Council of Examiners for Engineering and Surveying®) について
全米試験協議会は、米国のすべての州、ワシントンD.C、グアム、北マリアナ諸島、プエルトリコ、米領バージン諸島の、エンジニアリングおよび測量の免許委員会から構成される非営利組織です。1920 年の設立以来、NCEES は、米国の公衆の健康、安全、福祉を保護するために、エンジニアと測量士の免許取得の促進に取り組んできました。

NCEES は、会員である免許委員会がエンジニアリングと測量の専門職を規制するための支援をしています。NCEES は、州の免許取得に関する法律と規制のベストプラクティスのモデルを開発し、州間の統一を促進しています。米国のエンジニアおよび測量士の免許取得に使用される試験を開発、管理しています。また、免許を取得したエンジニアや測量士が、米国の他の州や準州でそれらの専門職に就くことを支援するサービスも提供しています。詳細は ncees.org をご覧ください。

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。

企業情報 section navigation

Learn more about our company

関連リンク