Pearson VUE は Graduate Management Admission Council (GMAC) との 15 年間のパートナーシップを延長


2021 年 5 月 27 日 - 米国 ミネソタ州 ブルーミントン

世界中でコンピュータ・ベースド試験 (CBT) を提供する Pearson VUE は、Graduate Management Admission Council (GMACTM) と、Graduate Management Admission Test (GMATTM) および Executive Assessment (EA) のグローバル試験配信におけるパートナーシップの契約延長を本日発表しました。

GMAT は、世界中のビジネススクールおよび経営プログラムの主要な入学試験であり、経営学修士候補者の統合的推論能力 (Integrated Reasoning : IR)、言語的能力 (Verbal Reasoning : VR)、および 数学的能力 (Quantitative Reasoning : QR)を評価します。Pearson VUE は、試験配信に加えて、公式スコアを各候補者によって選択された大学院に提出し、機械および人間によって採点されるエッセイ問題を含む GMAT のコンピューター適応型テスト部分をサポートしています。

GMAC のような世界をリードする組織とのパートナーシップを継続できることを光栄に思います。

—Pearson VUE 代表兼 CEO ボブ・ウェーラン

デジタル化が進む世界で従来の教育環境が進化し続ける中、コンピュータを使用する試験は、学生がアカデミックプログラムに参加にするための知識とスキルを評価する上で不可欠なツールとなっています。GMAT は 60 年以上にわたり、MBA のアドミッション・プロセスで最も広く利用されている試験であり、世界中の 7,000 を超える経営学修士課程プログラムで受け入れられています。GMAC が 2006 年に初めて Pearson VUE と提携して以来、GMAT や EA の試験が 年間を通して受験できるテストセンターは 100か国以上、800ヶ所近くに拡大し、テストセンター数において 87% という驚異的な成長を遂げました。この間に多くの革新的なテクノロジーが導入され、手のひら静脈の生体認証スキャンは、ビジネススクールでの合格判定という重要な意思決定に関して比類ないレベルのテストセキュリティを提供しています。また、オンライン監督ソリューションである OnVUE は、パンデミック下においても候補者がビジネススクールへの入学を出願するのに役立ちました。

Graduate Management Admission Council (GMAC) の社長兼 CEO である Sangeet Chowfla 氏は、次のように述べています。「Pearson VUE との長期間にわたるパートナーシップの延長は、私たちの価値観の共有と、経営学教育の候補者に広範囲なアクセスを提供するという揺るぎないコミットメントの証しです。試験のセキュリティ、信頼性、および試験コンテンツ保全において最高水準を維持しながら、GMAT をグローバルに拡大できたことを嬉しく思います。」

Pearson VUE の代表兼 CEO である ボブ・ウェーラン は次のように述べています。「GMAC のような世界をリードする組織とのパートナーシップを継続できることを光栄に思います。過去 15 年間、GMAT が経営学修士課程の入学試験のグローバルリーダーであり続けるために、クラス最高の試験配信サービスの提供、新しいテクノロジーの導入、および最新の測定技術の活用に努めてきました。」

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。


GMAC について

Graduate Management Admission Council (GMAC TM) は、世界中の主要なビジネス スクールによって設立され、それらにサービスを提供する、使命を重視するグローバルな組織です。GMAC は、志を持った人材が可能な限り最高のビジネススクール教育を受けられる世界を確信しています。GMAC の使命は、ビジネススクールと候補者がお互いを発見し、評価するために必要なソリューションを提供し、才能を見逃さないようにすることです。詳細については Gmac.com をご覧ください。