RSA 認定プログラム

RSA Business-Driven Security solutions は、ビジネス・コンテキストとセキュリティ・インシデントを一意に結びつけ、企業がリスクを管理し、最も重要なものを保護するのに役立ちます。RSA認定プログラムは、信頼性の高いエンタープライズ・セキュリティシステムを配備・管理するために必要な知識とスキルを、技術者に取得してもらうことを目的としてデザインされています。

プログラム一覧

RSA Certification Exams

RSAのお客様向けの試験で、RSA製品を使用するエンタープライズ・セキュリティシ・ステムのメンテナンスに必要な知識やスキルを測定します。RSA Archer、RSA NetWitness Suite、および RSA Identity Suite のための試験を受験できます。詳細はこちら (英語) ≫

RSA SecurWorld Partner Program

RSA SecurWorld Partner programに関する詳細はこちら »

試験予約

初めて受験する方は、画面右上の「アカウントの作成」ボタンをクリックして、ピアソンVUEのアカウントを作成してください。
試験予約は 1 営業日前までにおこなってください。
 

再受験ポリシー (全ての RSA 試験に適応)

1 度目の試験に不合格だった場合、いつでも再受験が可能です。2 度目の試験にも不合格だった場合、それ以降の受験は、受験後 2 週間 (14日間) の待機期間を設ける必要があります。技術者認定の要件を満たすために、すでに合格した試験を再受験する場合は、合格後再受験まで 3 か月間の待機期間が必要です。

秘密保持契約 (NDA)

受験者がピアソンVUE のテストセンターで試験を開始すると、RSA の秘密保持契約を読み、署名するために 5 分間与えられます。試験を進めるには、このNDAに署名する必要があります。拒否したり 5 分以内に同意しない場合は、試験は終了となり、受験料はの返金はありません。

受験前に NDA の全文を確認したい方は、こちら(英語) ≫

※試験一覧では、日本で配信していない試験も表示されます

 

最終更新日2017-08-07