サービスの種類

サービスモデル

包括的サービスモデル

初めて試験プログラムを立ち上げる場合、試験開発についての知識がなくても、当社が試験問題の作問から心理統計サービスまで、エンド・ツー・エンドの包括的なソリューションを提供します。

部分サービスモデル

既存の試験開発リソースをお持ちの場合、補足的に当社のサービスをご利用いただけます。心理統計サービスや、コンテンツ開発の一部または全部にピアソンVUEのサービスをご利用いただけます。認定団体のニーズをヒアリングした上でサービス範囲を決定します。自社内の専門知識を活用することができると同時に、当社の経験とベストプラクティスを提供します。

セルフサービスモデル

長年蓄積した試験開発のノウハウをお持ちの場合は、作問プロセスの管理が簡単になる、堅牢な協業プラットフォームなどのテクノロジーを利用することが可能です。ピアソンVUE の ExamDeveloper™ をご覧ください。

プログラムの評価

ピアソンVUE での試験開発の成功には、プログラムの評価が重要です。プログラムの評価は真の差別化要因です。認定団体特定のニーズに合わせて、質の高いサービスをカスタマイズするため、時間をかけて評価をおこないます。ピアソンVUE をハイステークス試験開発の業界リーダーにしているグローバルな経験を生かし、コンテンツ開発のエキスパートと心理統計学の専門家が、認定団体の試験開発に関する高度なアドバイスを提供します。

試験の基本設計

「公平性」、「妥当性」、「信頼性」、および「法的正当性」の高い試験開発を実現するためには、試験の設計を実施する必要があります。基本設計の第一段階は、何の知識、スキル、能力等を測定するのか、試験の目的や測定内容を定義し、設計書「ブループリント」を作成することです。ピアソンVUEでは、さまざまな手法を用いて「ブループリント」の作成支援を行っています。また、どのような出題形式が測定しようとしている能力やスキルをより正確に測ることができるのか、試験問題の露出を最小限に抑えつつ公正かつ平等な試験を実施するにはどのような出題方法が望ましいのか等、スムーズな意思決定を行えるよう、専門家がサポートします。

紙試験からの移行

現在、紙試験を実施している場合、コンピュータによる試験に移行する 際に、多くのオプションから選択することが可能です。

セキュリティ

ピアソンVUE のセキュリティ・フレームワークである Secure Testing Framework™ を構成する実証済みの方法とテクノロジーは、試験開発から試験配信まで、試験問題の露出を最小限に抑えて知的財産を保護します。

ピアソンの総合学習プラットフォームを活用

テキストや模擬試験から学習プラットフォームに至るまで、総合的な学習者向けコンテンツが必要な場合は、ピアソンVUE の親会社であり、世界最大規模の教育企業である Pearson のワンストップショップを活用することができます。

お問い合わせ

ご不明な点がありましたら お問い合わせフォーム よりお気軽にご連絡ください。

プログラム管理
試験配信
プロモーション