Transport

運輸・交通業界のための
次世代の能力評価システム

コンピュータ試験が与える効果

CBT 試験の活用事例

DVSA やフランス内務省の試験プログラムの CBT 移行に関する取り組み

試験プログラムを次のレベルへ

自動車の技術的進歩や交通安全に対する意識の向上にともない、政府や運輸・交通局は、運転技術学習者の知識、認知度、能力を測定すると同時に、受験者に対しプロフェッショナルな受験体験と利便性を提供するため、コンピュータによる試験 (CBT) に移行する傾向が高まっています。

コンピュータ・ベースド・テスティング (CBT) は、単に従来の紙試験をコンピュータの画面に表示するだけでなく、効率的な試験の実施、オンデマンドによる受験者獲得の拡大化、厳格なセキュリティプロトコルを通じて試験プログラムを安全に保つなど、多くの利点をもたらしています。

革新的な出題形式で能力測定の精度を高める

運輸・交通業界のコンピュータ試験で最も威力を発揮する要素の 1つは、ストーリー仕立て、多肢選択式、映像による問題など、コンピュータならではの多様な出題形式を活用して受験者の知識を測定できることです。たとえば、ピアソンVUE では、英国の運転免許庁である Driver and Vehicle Standards Agency (DVSA) の学科試験で、危険認知テストを配信しており、その中には、運転中の映像を表示し、受験者の危険を察知する能力を測定する問題が含まれています。

運輸・交通業界における実績

あらゆる規模の運輸・交通機関は、世界中の何百万人もの運転学習者の知識とスキルを正確に評価するために熱心に研究しています。そして、試験プログラムの規模やセキュリティのニーズを満たすことができるテストセンターネットワークを必要としています。そこでピアソンVUE の出番です。当社はドバイ道路交通局、フランス内務省の道路交通・安全委員会による運転免許学科試験である Pointcode、そして最近 2,500 万件の試験配信を達成した英国の DVSA の CBT 試験を実施しています。

当社の心理統計学の専門家は、ドライバーの全体的な知識と認知度を向上させるために試験を開発しています。当社の特許取得済みのグローバルテストセンターネットワークでは、受験者はどこで受けても同じ受験体験ができるため、試験認定団体や政府機関にご安心頂いています。また、当社はさまざまなデータおよび情報に関する保護基準の認証を受けており、受験者と政府機関のデータおよび情報が安全であることを保証しています。

イギリスは世界で最も交通事故率が少ない国の一つです。しかし、道路利用者、特に初心者ドライバーの安全を守るために私たちにできることはまだあります。運転免許試験によって、ドライバーが独力で安全に運転できる能力を正確に評価することは、全てのドライバーの生涯にわたる安全運転をサポートするという、私たちの長期的目標の一環であると考えています。

Gareth Llewellyn 氏

DVSA チーフエグゼクティブ

ソリューションを提供します

プログラムのさらなる成長や、紙と鉛筆の試験からの移行をお考えですか? 当社の専門家がサポートいたします。

お問い合わせ