SAP認定試験

SAP認定試験は顧客、社内コンサルタント、パートナー、および独自に運営されているコンサルタントとしての技能、能力を証明します。 認定を受けることで、顧客に対しプロフェッショナルとして各種機能を提供する技能を有していることを証明します。

受験までの流れ

SAP認定試験受験に際し、事前に必要な手続きのご案内
※ ピアソンVUE で受験者登録(アカウントの作成)および、試験予約をする前に SAP社ウェブサイトにてあらかじめ下記①、②の手続きが必要です。
※ バウチャーお申込み後のキャンセルはできません。バウチャーの有効期限内に受験してください。
※ バウチャー有効期限:発行日から365日

① SAP User IDの取得

こちらのリンク先で、IDを取得してください。

注意1 :認定証はSAP User ID取得時に登録された住所に郵送されます。
注意2 :SAP社員は SIDの取得は不要です。C、I、 D から始まる社員番号を入力してください。(例:I05xxxx)

※ 詳しいアカウント作成方法、および予約方法は こちら をご覧ください。
※アカウントご登録時に SAP User ID をご入力します。その際、受験者本人の正確なIDをご入力していない場合は、試験に合格しても認定されない場合があります。ご了承ください。
※ アカウントの発行には、お手続き頂いてからお時間を要する場合がありますので、早目の手続きをお願いいたします。

② バウチャーの購入

ピアソンVUEのテストセンターで受験をする場合には、SAP社のウェブサイトで事前にバウチャーを購入する必要があります。
試験コードを検索してトレーニングコースと同様にこちらよりお申込みください。(試験コード例:C_TFIN52_66 )

※ 認定試験はピアソンVUEウェブサイトで会場/受験日等の予約をするため、お申込み画面には 「開催日程」は表示されません。「Pearson VUE Voucher」を選択してお申込みください。

<複数枚のバウチャーを購入される方>
※ショッピングカートご利用でのバウチャーのお申込みは1件につき1枚となります。
複数枚のバウチャーを購入される方は、こちらのリンク先 から手続きしてください。

<バウチャーの種類>
バウチャーは3種類あり、試験コードによりバウチャーの金額が異なります。(試験コードはこちらから確認ください。)

  1. Associate Consultant 試験(税抜 50,000円) : 以下に該当しない試験
  2. Business One Consultant / Support Consultant 試験(税抜 20,500円) : 試験コード ⇒ C_TB1200_xx、C_TB1300_xx、C_PXSUP_xx、C_BOSUP_xxC_HANASUP_xx、E_HANAINS131
  3. Professional Consultant 試験(税抜 75,000円) : 試験コード ⇒ Pから始まる試験

③ ピアソンVUE オンライン予約サイトのアカウント作成

ピアソンVUE オンライン予約サイトのアカウントを作成するには、ページ右上の「アカウントの作成」ボタンをクリックしてください。
アカウントの作成方法はこちら ≫

アカウント作成時の留意点

SAP ID について
「いいえ、SAP IDを知りません」を選んで次へ進んでください。

SAP User IDの入力について
登録の際には、SAP User IDが必要です。「① SAP User IDの取得」をご確認ください。

④ 試験予約

ページ右上の「サインイン」ボタンをクリックし、③で取得したユーザー名とパスワードを入力して、オンライン予約サイトにサインインしてください。
 

試験に関するヘルプは、こちらのページ をご覧ください。

 

その他の留意点

●リテークポリシーについて(再受験ポリシー)
再試験は、前回の受験日の翌日から可能です。同リリース内で3回まで受験することができます。
詳細は認定プログラム実施要綱 (SAP Certification Conditions) を参照してください。

●本人確認書類の提示について
認定試験の公平な運営のため、受験当日に規定の本人確認書類の提示をお願いしています。
必要な本人確認書類につきましてはこちらをご確認ください。

●アカウントに登録の氏名と本人確認書類の氏名が異なる方
受付時に持参していただく本人確認書類と、ピアソンVUE のシステム上に登録されている氏名が一致しない場合は受験不可となります。

ピアソンVUEに登録した氏名を変更をするには、カスタマーサービスにお問い合わせください。お手続には日数を要しますので余裕をもってご連絡ください。ご本人と確認できない場合、受験することはできませんのでご注意ください。

●旧姓のまま受験される方で、旧姓の身分証明証をご用意いただけない方
SAPが発行する本人確認証明書(本人確認証明証 1 点+新姓の身分証明証 2 点、計 3 点を持参されることで受験可能です。)
SAP本人確認証明書 の申請を希望される方は、ピアソンVUEで受験登録完了後にトレーニングセンターまで連絡してください。 手続きには日数を要しますので、 余裕をもってご連絡ください。

証明書申請時に必要な情報

  1. ピアソンVUEで予約した受験日
  2. ピアソンVUEへ登録されている旧姓のアルファベット表記
  3. 旧姓 氏名(漢字)
  4. 現姓 氏名(漢字 本人確認書類に記載されている氏名)
  5. SAP社発行の SAP User ID

SAP本人確認証明証 問い合わせ ≫

●登録内容の変更手続きについて
氏名、住所、電話番号、Eメールアドレスの登録情報変更を希望される方は、SAP社ウェブサイトおよび、 ピアソンVUEオンライン予約サイトの両方で手続きが必要です。
※ SAPの登録内容は試験結果送付先と紐づいています。

SAP登録情報変更手続き ≫
ピアソンVUE アカウント情報の変更方法 ≫

●スコアレポート再発行について
SAP認定試験に関して、スコアレポートの再発行を希望される方は、受験日から3 ヶ月以内に申し出を行わなければなりません。
スコアレポートの再発行手続きは受験情報(受験日時、試験番号等)をご用意の上、カスタマーサービスへフォームにてご依頼ください。

●「予約内容のご案内」メールの言語設定変更方法
受験予約を完了すると、予約内容の確認メール(英文)が送信されます。予約前に言語設定を変更することにより、日本語のメールを受信することが可能です。詳細はこちらをご覧ください。

●受験に関するお問い合わせ
試験予約など、受験に関するお問い合わせはカスタマーサービスにご連絡ください。

For Korea:

Candidates resident in Korea are subject to an eligibility process by SAP Education Korea prior to booking a SAP Certification exam. This process is also applicable if you wish to take your exam in another country. Please contact SAP Education Korea to obtain your letter of approval before booking your exam. Failure to apply for an approval letter before taking an exam can result in your certificate not being issued and your certification status being cancelled. SAP Education Korea Contact to: https://training.sap.com/kr/ko/

受験可能な試験

現在配信している試験は下記よりご確認ください。

日本語試験一覧 (試験コードとコースコードの対応表)
すべての試験一覧 (英語試験を含めた全試験)

※試験一覧では、日本で配信していない試験も表示されます

予約変更・キャンセルに関して

予約の変更・キャンセルは、予約した受験日時の24時間前まで可能です。24 時間を過ぎてからの変更・キャンセル、また、試験当日に欠席の場合も、受験料は返金されません。

最終更新日2016-06-15