Pearson VUEは米ミネソタ州の法執行機関の紙試験をCBTへ移行

2018 年 1 月 29 日 (ミネアポリス、アメリカ) – コンピュータベーストテスト (CBT) の世界的リーダーである Pearson VUE は、アメリカ、ミネソタ州の法執行機関の新試験の配信ベンダーに選任されました。

競争入札プロセスに基づいて、Pearson VUE は全国的に展開する CBT プロバイダーとして、州初のパートナーとなりました。今後 Pearson VUE は、警察などの法執行機関への採用における最低限の能力を測定する POST (Peace Officer Standards and Training) 試験を配信する予定です。

紙と鉛筆での試験から CBT に変わることで、都合の良い日時に試験予約ができ、利便性と安全性の高い Pearson VUE テストセンターで受験できることになります。

ミネソタ POST 委員会のエグゼクティブディレクターである Nate Gove 氏は、次のように述べています。「POST 委員会は、法執行官や彼らが担当する地域社会のニーズを満たすための改善方法を常に検討しています。私たちは、法執行業界に参入する人々に便利なサービスを提供することにより、トレーニングと試験のプロセスを改善するための第一歩を踏み出すことをとても楽しみにしています。Pearson VUE と提携することで、受験者はミネソタ州全土のいたるところにある高セキュリティなテストセンターで試験予約が可能になります。」

Pearson Assessments の代表である Bob Whelan は次のように述べています。「これらの試験を紙と鉛筆から CBT に変えることは、ミネソタ州の法執行官に高い利便性の提供を可能にします。POST 委員会と協力してこのプログラムを運営していくことを楽しみにしています。」

ミネソタ POST (MINNESOTA BOARD OF PEACE OFFICER STANDARDS AND TRAINING)について
職業規制機関である POST(ミネソタ州 法執行官基準・訓練委員会)は、10,500 名以上の常勤および 250 名以上の非常勤の法執行官のライセンスを管理しています。委員会には法律としての効力を持つ管理規定を決定する立法権限があり、ライセンス保持者が遵守すべきポリシーや基準を規定することができます。

委員会の使命を遂行するために、委員会とその職員は以下の職務を実行しています。

  • 試験の開発と運営、ライセンスの交付、およびライセンスの更新を含む、プロフェッショナル・ライセンスプログラムの管理
  • 常勤および非常勤の法執行官のための、継続的な教育プログラムの開発、調整、承認
  • 法執行官の講師、教育者、訓練生と協力して現職訓練プログラムを開発
  • 参加する大学でのプロフェッショナル法執行官の教育プログラムにおける学習目標の設置と認定
  • 大学、法執行機関、および法執行や法執行の教育に携わるその他の団体へ技術支援
  • 法執行官の教育と法執行に関連する研究とリサーチプロジェクトの実施

詳細は、英語のプレスリリースをご覧ください。

企業情報 section navigation

Learn more about our company

関連リンク