例外的な環境での受験

ピアソンVUEはバリアフリー対応に取り組んでおり、医療器具・補助具等の試験室への持ち込みや、朗読者、試験時間の延長措置など、受験者の方々の医療上の必要性に応じて、例外的な環境での受験を提供しています。 また、一部の医療器具・補助具・医薬品等は、事前承認の必要がなく、試験当日に試験監督員の確認を受けることで持ち込みが可能です。



事前申請が必要な対応

試験時間の延長、朗読者、次項に記載のない医療器具・補助具・医薬品等の試験室内での使用等は、事前の申請・承認が必要になります。

  • 独立した空間での受験
  • 試験時間の延長措置
  • 朗読者や解答の入力者の手配

下記図が事前申請手順の一般例となります。 ただし、審査や承認等にさらに時間を要する場合がありますので、時間に余裕をもって準備をお願いいたします。 また、申請内容、および受験予定の試験プログラム・認定団体によっては追加で書類を提出いただく場合があります (医師による英文診断書、障がい者手帳等)。詳細に関しては、下記お問い合わせ・申請書依頼先までご確認ください。
※ 個々試験プログラム・認定団体の詳細な申請方法について、こちら(英語) よりご自身でご確認することも可能です。

事前申請のお問合せ・申請書請求フォーム

事前申請の手順

※ 申請にかかる期間は目安です。内容によってはこれ以上かかる場合があります。
※ 許可証は発行日より 1 年間有効。有効期間内であれば、再申請をせずに、同一認定団体の試験の受験に再度適用可能
※ 1 年以内であれば、6 か月間の期間延長を申請することも可能

試験予約について

受験者からの申告に基づき、カスタマーサービスでのみ試験予約を承ります。例外的措置の事前承認を取得済みの方は、ご予約の際、カスタマーサービス担当者に「例外的措置での受験」とお伝えください。
注意:ウェブページからの予約では例外的措置を適用させることができません。



事前申請が不要な持ち込み可能な医療器具・補助具・医薬品

以下の医療器具・補助具・医薬品は、事前承認の必要はありませんが、試験当日に試験監督員の確認を受けたうえで、試験室に持ち込むことが可能です。

事前申請が不要な持ち込み可能な医療器具・補助具・医薬品の一覧

 

車いすでの来場について

テストセンターによっては車いすでの来場に対応しています。車いすでの来場を希望される場合は、試験予約前に カスタマーサービスに可否をお問い合わせください。 


項目