Avaya プロフェッショナル資格プログラム

Avaya の資格試験は、Avaya 製品やソリューションの販売、設計、実装、メンテナンスにおいて顧客の期待値を超える知識やスキルを有していることを確実なものとするべく設計されています。

Avaya の資格を取得するには、テストセンターおよび/またはオンラインの試験を受験する必要があります。テストセンターで受験する場合、世界中のピアソンVUE 公認テストセンターを利用できます。オンライン試験は、Avaya Learning Center での受験となります。

より詳細な情報は、Avaya Learning Center のウェブサイト (英語) をご覧ください。

試験の予約

試験は事前に予約する必要があります。空席状況により、受験当日に予約することも可能です。
試験時間はピアソンVUE のウェブサイトに記載されている時間に加え、試験終了時におこなうサーベイに 15 分かかります。

注意: ピアソンVUE のアカウントを作成する際は、Avaya Learning Center のスチューデントプロフィールと同じ情報を使用してください。

氏名(ミドルネームのイニシャルの有無を含む)と E メールアドレスは、ピアソンVUE と Avaya Learning Center の両方において完全に一致している必要があります。

Avaya 資格試験 と 受験準備

Avaya 資格試験 と 受験準備 Avaya 資格試験 は Avaya プロフェッショナル資格プログラムの要件です。 試験は、実装やメンテナンスの両方またはいずれかの分野に関連する知識、コンピテンシーおよびスキルを、多肢選択形式の CBT で評価します。

Avaya 試験の準備のための、推奨コースや学習教材があります。詳細は Avaya Learning Center のページをご覧ください。

Avaya 資格プログラムへの同意

試験開始前に、Avaya Credential Program Agreement の条件に同意する必要がります。

再受験ポリシー

  • 不合格だった受験者は、次に同試験を受験するまで、72 時間をあける必要があります。
  • 同試験を 12 か月間で 3 回まで受験できます。3 回の受験で合格できなかった場合、4 回目の受験は 1 回目の受験から 12 か月間あける必要があります。
  • 合格した試験は、合格してから 12 か月間は再度同試験を受験することができません(同試験とは同じ受験番号を意味します)。再認定のために同試験を再受験する場合も、12 か月の待機期間以降に受験してください。

試験バウチャー

試験バウチャーを活用することで、管理の手間を簡素化することができます。試験バウチャーは企業の担当者がまとめて購入することで一括管理ができ、またペーパーワークを削減できます。

バウチャーの購入は こちら ≫


※ 試験一覧では、日本で配信していない試験も表示されます。

最終更新日2017-02-08