新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) への対応について

受験者の皆さま:  新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に関する最新情報ページをご覧いただき、ご自身の受験に影響があるかどうかを確認してください。

会場によっては、予防措置としてソーシャルディスタンスを実施しているため、席数が制限されている場合があります。また現在カスタマーサービスの待ち時間が通常より長くなっています。再予約、払い戻し、その他受験への影響に関しては、よくあるご質問 (FAQ) でもご確認いただけます。

Check Point 認定試験

Check Point 認定試験

Check Point 認定資格は、インターネットのセキュリティ分野で世界をリードする企業です。Check Point 認定資格を取得すると、Check Point 製品のサポートをするスキル、SecureKnowledge データベースや、高度な製品資料へのアクセスといったメリットを得ることができます。 詳細を見る »

はじめに

Check Point 認定資格のメリットを受けるためには、Check Point のユーザ・センターまたは PartnerMAP のアカウントが必要です。こちらのページで新規プロファイルを作成してください。アカウントが分からない場合は、アカウントサービス に確認してください。

ユーザ・センターのアカウントに試験結果を関連付けるためには、ピアソンVUE のアカウントには、必ずユーザ・センターのアカウントと同じ Eメールアドレスを登録してください。

Check Point 認定ニュース


CCSA & CCSE キャンペーン

CCSA および CCSE の外国語試験キャンペーン(英語以外の言語の試験対象)

CCSA および CCSE の外国語版試験のリリースを記念して、25% 割引きになるキャンペーンを実施します。予約の際に以下の試験言語別のプロモーションコード入力してください。

  • 中国語 (繁体字) — XieXie25
  • 中国語 (簡体字) — XieXie25
  • 日本語 — Arigato25
  • スペイン語 — Gracias25
  • ポルトガル語 —Obrigado25

CCSA (156-215.​80) または CCSE (156-315.​80) 試験を予約する際に、希望する試験言語をお選びください。

CCSA & CCSE 試験 サマーキャンペーン

Check Point 認定試験で素晴らしい夏のスタートを切りましょう。

以下のプロモーションコードを利用すると、CCSA (156-215.​80) または CCSE (156-315.​80) が 20% 割引になるキャンペーンを実施中です。
プロモーションコード: Summer20

どちらのキャンペーンも、2021 年 9 月 30 日に終了します。
新しい認定モデルに関する詳細は、FAQ [英語] をご覧ください。


新コース キャンペーン!

Advanced Infrastructure Hacking と Advanced Web Hacking のリリースを記念して、キャンペーンを実施します。

ディスカウントコード「NSS50」を使うと、 Advanced Infrastructure Hacking と Advanced Web Hacking の試験は 50% 割引になります。

  • 156-408: Check Point Certified Pen Testing Expert -- Advanced Web Hacking (CCPE-AW)
  • 156-409: Check Point Certified Pen Testing Expert -- Advanced Infrastructure Hacking (CCPE-AI)

トップに戻る ^


新試験のお知らせ

以下の 2 つの Troubleshooting 試験をリリースしました。

  • 156-580 – Check Point Certified Troubleshooting Administrator (CCTA)
  • 156-585 – Check Point Certified Troubleshooting Expert (CCTE)

これらの試験は公認トレーニングセンターで提供される Troubleshooting コースに基づいています。各試験は 75問 で、受験料は 200 USドルです。

コースの詳細については以下を参照してください:

• Check Point Certified Troubleshooting Administrator (CCTA)

• Check Point Certified Troubleshooting Expert (CCTE)

そのほかの Check Point スペシャリスト試験は以下の試験です:

• 156-520 – Check Point Certified Automation Specialist (CCAS)

• 156-530 – Check Point Certified Endpoint Specialist (CCES)

• 156-540 – Check Point Certified Multi-Domain Security Management Specialist (CCMS)

• 156-550 – Check Point Certified Virtual System Extension (VSX) Specialist (CCVS)

• 156-560 – Check Point Certified Cloud Specialist (CCCS)

これらの試験は 75問で、受験料は $200 (USドル) です。

コースに関する詳細は以下を参照してください :

• Check Point Certified Automation Specialist (CCAS)

• Check Point Certified Endpoint Specialist (CCES)

• Check Point Certified Multi-Domain Security Management Specialist (CCMS)

• Check Point Certified VSX Specialist (CCVS)

• Check Point Certified Cloud Specialist (CCCS)


旧 CCSE 認定資格の更新

試験監督付きの 156-915.80 試験を受験することで、取得済みの旧バージョンの CCSE を R80 に更新できます。

さらに現在、156-915.80 試験を受験または再受験することで、すべての R80 CCSE の CCSE を更新できます。

トップに戻る ^


OneVUE - オンライン監督による試験の予約

すべての Check Point 試験は、ほぼすべての場所において好きな時間に受験ができる、ピアソンVUE の オンライン監督「OneVUE」に対応しています。試験は試験監督員により、受験者のパソコンに配信されます。 pearsonvue.com/checkpoint/op からオンライン監督による試験予約をおこなってください。
※ 現在、日本ではオンライン監督試験は提供されていません。

トップに戻る ^
 


Check Point Practice Exams (模擬試験)

CCSA と CCSE 認定試験の模擬試験が利用可能です。各試験には、実際の試験問題が一部使用されています。各問題の正答も提供されます。これらの試験は 40 問で、価格は 50 USドルです。

  • 156-603 – Security Administrator Practice Exam R80 
  • 156-604 – Security Expert Practice Exam R80

トップに戻る ^


認定資格保持者

受験料を誰が支払ったかに関わらず、受験者が試験結果を受領・保有します。試験結果は、初めてピアソンVUE のアカウント作成をした際に発行される Certified Professional ID に関連付けられるため、2 つ以上アカウントを作成しないでください。雇用主が変わった場合は、アカウントサービスにチャット/ウェブチケットで連絡してください。担当者が新しいアカウントへの移管のサポートをいたします。

トップに戻る ^


トレーニング & 試験

公認トレーニングの検索

世界各地の公認トレーニングセンターから、近隣で開催されるトレーニングを検索できます。

最終更新日: 2021-08-23