LPI 認定試験のスケジュールの準備はできていますか?

LPI 認定試験のスケジュールの準備はできていますか?

Linux Professional Institute(LPI)は、Linux システム管理とマネジメント、オープンテクノロジーの知識とスキルを実証するのに役立つ、プロフェッショナル認定資格を提供しています。LPI プログラムはディストリビューションニュートラルなので、さまざまな Linux 環境におけるあなたの技術の柔軟性を実証できます。世界中で認知されている Linux 認定資格は、昇進や転職に必要なスキルを証明することができます。

試験を
予約する

»
テストセンターを
探す

»
試験の再スケジュール
または、キャンセル

»
 

学習と試験準備

マーケットプレイス ›

Linux Professional Institute マーケットプレイス では、LPI 認定試験の準備やキャリアアップに役立つ、バウチャー購入や試験勉強用テキスト等のオンラインワンストップサービスを提供しています。

自分で学習する

Learning Materials は、Linux およびオープンソース認定資格の学習に役立つ教材を提供しているページです。この学習教材を利用し、試験準備に役立てましょう。

トレーニングパートナーと学習する

試験に合格するためにトレーニングが必要な場合は、Linux Professional Institute 認定のトレーニングパートナーのリストをご覧ください。


登録

Pearson VUE で試験予約する前に、まず LPI から LPI ID を取得してください。登録は無料で、ほんの数分で完了します。 Pearson VUE でアカウントを作成するには、この ID が必要となります。

ここから LPI-ID の登録をしてください。

試験がバージョンアップされた際は、猶予期間として新バージョン公開後 6 か月間は、新バージョンと旧バージョンの、どちらかを選択し受験することができます。どちらを受験しても、認定される資格は同一のものとなります。異なるバージョンの試験の組み合わせで受験することも可能です。

初めて受験し不合格だった場合、7 日間再受験できません(次に受験できるのは、受験日翌週の同曜日です)。 2 回目以降の不合格の場合、30 日間再受験出来ません。 試験に合格した場合、少なくとも 2 年間再受験できません。 また、異なるバージョンの試験でも、同じ試験とみなされますのでご注意ください。リテイクポリシーの詳細はこちらから必ずご確認ください。


認定プログラム

Essentials シリーズ


Linux Essentials logo

Linux Essentials

Linux Essentials は、Linux を初めて使用する方のためのプロフェッショナル開発認定プログラムです。Linux Essentials の認定資格は、Linux でキャリアをスタートする人や、基本的な Linux スキルを証明したい IT 部門の方々に最適です。

  • 現在のバージョン:  1.6(試験コード 010-150)
  • 前提条件:  前提条件はありません。
  • 認定要件: 010 試験に合格する必要があります。試験時間は 60 分で、選択問題と記述問題が合計 40 問出題されます。
  • 有効期間:  期限なし
  • 詳しくはこちらから: Linux Essentials 認定の概要
  • 試験範囲の確認​: Linux Essentials 010
  • 言語: 日本語、英語、ドイツ語
    * 以下の言語は、2019年中にリリースされる予定:
    イタリア語、スペイン語、フランス語、ポルトガル語(ブラジル)、オランダ語、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)

Linux プロフェッショナルシリーズ

Linux プロフェッショナルシリーズは、Linux システム管理者の知識とスキルを評価するためのものです。進化する技術に対応するため、試験内容は平均 3 年ごとに更新され、 Linux Professional Institute 認定資格は 5 年間有効です。試験はどの順序でも受験できますが、認定が正式に授与されるためには、下位レベルの認定を取得している必要があります。


LPIC-1 logo

LPIC-1

  • 現在のバージョン:  5.0 (試験コード 101-500 と 102-500)
  • 前提条件: 前提条件はありません。
  • 認定要件:  101 試験と 102 試験の両方に合格する必要があります。各試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間:  5 年間(再認定を受けるためには、同試験を再受験するか、上位レベルの認定を受ける必要があります。)
  • 試験の詳細:  LPIC-1 認定の概要
  • 試験範囲:  LPIC-1 101 試験LPIC-1 102 試験
  • 言語: 日本語、英語、ドイツ語、ポルトガル語(ブラジル)、中国語(簡体字)、中国語(繁体字)、スペイン語(現代)
    * 以下の言語は、2019年中にリリースされる予定:
    イタリア語、フランス語

LPIC-2 logo

LPIC-2

  • 現在のバージョン:  4.5 (試験コード 201-450、202-450)
  • 前提条件:  LPIC-2 を取得するためには、LPIC-1 を取得している必要がありますが、LPIC-1 と LPIC-2 の試験はどの順序で受験しても構いません。
  • 認定要件:  201 試験と 202 試験の両方に合格する必要があります。各試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間:  5 年間 5 年間(再認定を受けるためには、同試験を再受験するか、上位レベルの認定を受ける必要があります。)
  • 試験の詳細:  LPIC-2 認定の概要
  • 試験範囲: LPIC-2 201 試験LPIC-2 202 試験
  • 言語:   日本語、英語、ドイツ語、ポルトガル語

LPIC-3 logo

LPIC-3 混在環境

  • 現在のバージョン: 1.0 (試験コード 300-100)
  • 前提条件: LPIC-3 を取得するためには、LPIC-2 を取得している必要がありますが、LPIC-2 と LPIC-3 の試験はどの順序で受験しても構いません。
  • 認定要件: 300 試験に合格する必要があります。試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間: 5 年間
  • 試験の詳細: LPIC-3 300 認定の概要
  • 試験範囲: LPIC-3 300 試験
  • 言語: 日本語、英語

LPIC-3 logo

LPIC-3 - セキュリティ

  • 現在のバージョン: 現在のバージョン: 2.0(試験コード303-200)
  • 前提条件: LPIC-3 を取得するためには、LPIC-2 を取得している必要がありますが、LPIC-2 と LPIC-3 の試験はどの順序で受験しても構いません。
  • 認定要件: 303 試験に合格する必要があります。試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間: 5 年間
  • 試験の詳細: LPIC-3 303 認定の概要
  • 試験範囲: LPIC-3 303 試験
  • 言語: 日本語、英語

LPIC-3 logo

LPIC-3 - 仮想化とハイアベイラビリティ

  • 現在のバージョン:  2.0 (試験コード 304-200)
  • 前提条件: LPIC-3 を取得するためには、LPIC-2 を取得している必要がありますが、LPIC-2 と LPIC-3 の試験はどの順序で受験しても構いません。
  • 認定要件: 304 試験に合格する必要があります。試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間: 5 年間
  • 試験の詳細: LPIC-3 304 認定の概要
  • 試験範囲: LPIC-3 304 試験
  • 言語: 日本語、英語

オープンテクノロジートラック認定プログラム

オープンテクノロジーシリーズ

Open Technology Professional 認証シリーズは、DevOps ツール、BSD などのオープンテクノロジツールの知識とスキルを評価するために設計されています。進化する技術に対応するために、試験内容は平 均して 3 年ごとに更新され、認定は 5 年間から有効となり、より高いレベルで再認定または認定を受けることが可能です。このシリーズの認定は、受験の前提条件は無く、1 つの試験に合格することで認定となります。


LPIC-OT DevOps logo

DevOps Tools エンジニア

  • 現在のバージョン: 1.0(試験コード701-100)
  • 前提条件: この認定の前提条件はありません。 ただし、LPIC-1や開発者の認定など、候補者の主要な専門分野での追加認定が強く推奨されます。
  • 認定要件: DevOps Tools エンジニア試験に合格する必要があります。試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間:  5 年間
  • 試験の詳細: DevOps Tools エンジニア認定の概要
  • 試験範囲の確認: LPI 701 試験
  • 言語:  日本語、英語

Linux Professional Institute BSD Specialist logo

BSD スペシャリスト

  • 現在のバージョン: 1.0 (試験コード 702-100)
  • 前提条件: BSDスペシャリストエンジニア試験受験のために、必要な認定資格等はありませんが、受験者はさまざまな種類の BSD システムの管理に 1 年以上携わっていることが望まれます。
  • 認定要件: BSDスペシャリストエンジニア 試験に合格する必要があります。試験時間は 90 分で、選択問題と記述問題が合計 60 問出題されます。
  • 有効期間: 5 年間
  • 試験の詳細: BSDスペシャリスト認定の概要
  • 試験範囲の確認: LPI 702試験
  • 言語: 英語

 

最終更新日: 2019-10-31