OPCEL [ OpenStack技術者認定試験 by LPI-JAPAN ]

オープンソースのクラウドOS(OpenStack)に関する技術力と知識を、中立的な立場で公平かつ厳正に認定する、クラウド技術の促進とクラウド技術者の育成を目的とした認定試験です。
OPCEL認定資格の認定者は、OpenStackを使用したクラウドシステムの構築・運用管理に必要な技術力を持つエンジニアであることを証明できます。

試験予約時・受験時には、 機密保持契約 への同意が必要です。
同意されない場合は、試験予約・受験をすることができません。
特に受験当日、試験開始前に行われる 機密保持契約への同意確認は、一定時間内におこなう必要があるため、試験を予約する前に必ず内容をご確認ください。

OPCEL認定資格取得のメリット

下記のOpenStackを使用したシステムの構築、運用管理ができる技術力を証明します。

  • OpenStack環境において、エンドユーザが必要とするインスタンス、アプリケーションおよびサービスの各種設定をすることができる。
  • OpenStackのコアサービスの構築およびOpenStack環境の運用管理を行うことができる。
  • 下記を実行できる。
    • 各種ストレージの設定
    • ネットワークの構築
    • 認証管理
    • ダッシュボードのカスタマイズ
    • 新規VMイメージの作成および使用
    • 新規イメージの登録とカスタマイズ
    • 追加のブロックおよびオブジェクトストレージの事前準備
    • レポート用のテレメトリ情報の収集
    • ユーザ、テナント、その他のシステムリソースの管理

対象(どんな方に最適か)

  • プライベートクラウドの構築・運用を行うSI事業者
  • データセンター事業者
  • 自社サービスのインフラの開発・運用担当者、社内SEの育成
  • 社内IT基盤のクラウドへの移行を検討しているエンジニア
  • クラウドインフラエンジニアとして、1歩進んだキャリアを目指す方

OPCEL認定試験の詳細情報

再受検ポリシー

再受験ポリシー(リテイクポリシー)はございません。前回、不合格の場合でも、最短日より再度ご受験頂くことが可能です。

再認定ポリシー

認定の「有効期限」はありませんが、「3年間の有意性の期限(再認定ポリシー)」を設けております。
再認定ポリシーの概念は技術変化の早いクラウド業界において最新のスキルを保有し理解しているか否かの判断基準として取り入れているものであり、認定された「事実」が無効になることはありません。

再認定ポリシーは、OPCEL認定資格を保有する皆様が最新技術を習得し、より強い競争力を持つ価値の高いクラウドエンジニアとして第一線で活躍していただくことを目的として導入しております。

詳細は こちら をご参照ください。

必ずお読みください

OPCEL認定試験 [ OpenStack技術者認定試験 by LPI-JAPAN ]は、「LPI-ID」の取得後、「ピアソンVUEオンライン予約サイトのアカウント」を作成し、予約することができます。初めて試験を予約される方は、以下をお読みください。

●LPI-IDを過去に取得したことがない方 (初めての方)

  1. こちらのページ よりLPI-IDを取得してください。※ LPI-IDは複数取得しないでください。
  2. LPI-ID取得後、本ページ右上の「アカウントの作成」をクリックしてピアソンVUEオンライン予約サイトのアカウントを作成してください。その際、指示に従ってLPI-IDを入力してください。
  3. サインイン後、試験を予約してください。

●過去にLPI-IDを取得したことがある方、またはLPI-IDをお忘れの方

  • 過去にLPI-IDを取得したことがある方は、こちらのページ よりIDを確認してください。※ LPI-IDは複数取得しないでください。
  • LPI-ID確認後、本ページ右上の「アカウントの作成」をクリックしてピアソンVUEオンライン予約サイトのアカウントを作成してください。その際、指示に従ってLPI-IDを入力してください。
  • サインイン後、試験を予約してください。

 

 

バウチャーについてのご案内

割引バウチャーはこちらからご注文ください。

最終更新日 2016-02-17