ピアソンVUE のセキュリティ・フレームワーク

試験問題を保護し、試験プログラムを守るフレームワーク

試験のセキュリティ問題は多次元的であり、 テクノロジーの発展にともない、進化し、より複雑になっています。

カンニング、替え玉受験、試験問題の持ち出しといった不正行為をのテクニックや技術は、年々進化し複雑になっているため、ピアソンVUE では不正行為を抑止、発見、および対処する方法を絶えず検討し、新しい施策を開発し続けています。試験セキュリティへの脅威の多様化を効果的に緩和するために、試験セキュリティを表示、統合、管理する方法を変化させています。その中心となる新しい セキュア・テスティング・フレームワーク (Secure Testing Framework™) は、試験プログラムのセキュリティ計画を組織のビジネス戦略に合致させています。

セキュリティに対する包括的なアプローチ

セキュリティのプロセスやテクノロジーをさまざまな異なる試験プロセスに適用したとしても、不正行為に対する脆弱性を低減することはできません。最も効果的な方法として、試験セキュリティは試験に関連するすべての戦略的計画とアクティビティに統合される必要があります。ピアソンVUE の包括的アプローチは、何層にもなるセキュリティ施策により、既に日常的にプログラムに影響を与えている脅威から認定団体の試験プログラムを保護します。

Secure Testing Framework (セキュア・テスティング・フレームワーク)

Secure Testing Framework により、認定団体は最適な緩和方法を組み合わせて選択できます。以下のセクションをクリックすると、ピアソンVUEがどのようにセキュリティを試験プロセス全体に統合しているかを確認できます。

試験セキュリティ戦略は、試験、受験者、および配信の観点から3次元でなければなりません。効果的であるためには、適切なリスク管理の規則と、全体的なビジネス戦略に合致したセキュリティ戦略を導入する必要があります。

お問い合わせ

ご質問がありましたら、お気軽にご連絡ください。お問い合わせフォーム >

試験開発
プログラム管理
プロモーション